家電をフル活用する

炊飯器を使えば、難しいと思われていたローストビーフも簡単にできます。 時間をセットして加熱している間は、放置して良い面が嬉しいですね。 レシピ通りに作れば、料理の初心者でも失敗することはないでしょう。 カレーなどの煮込み料理も、炊飯器だけで簡単に作れます。

根菜は火が通りにくい野菜

固い根菜は、火が通るまで時間が掛かります。 ですから普通に炒めたり煮込んだりするのは、効率の良い方法ではありません。 もっと早く料理を作るため、前もって火を通しておきましょう。 そこで重宝するのが電子レンジです。 加熱してから、料理に使ってください。

野菜の下処理を行おう

ほとんどの野菜は皮を剥いたり、カットしなければいけないので手間が掛かります。 料理のたびに、その作業をするのは非常に面倒でしょう。 時間がある時に、下処理を終わらせておくのがおすすめです。 野菜は、冷凍して保存してください。 すると鮮度を維持できます。

メインもおつまみもできる

自宅にある家電を使うことで、料理が簡単になります。
炊飯器がある家庭が多いででしょうが、米を炊くだけが仕事ではありません。
味付けをした牛肉を入れることで、ローストビーフが完成します。
じっくり加熱できるので、肉を調理すると柔らかくなります。
具材を入れて水と一緒に加熱すると、カレーやシチューが完成します。
火加減を見ていなくても良いので、失敗しにくい面がメリットです。
料理が苦手な人は、炊飯器のレシピをたくさん知りましょう。

電子レンジを使って、時短することができます。
根菜など火が通りにくい野菜は、事前に電子レンジで加熱してください。
すると煮込む時間や炒める時間が短くなります。
料理が面倒な時は、電子レンジだけで済ませるのも良い方法ですね、
肉と野菜を耐熱容器に入れて、軽くラップをして加熱すると蒸した肉野菜の完成になります。
タンパク質と野菜を摂取できるので、立派なおかずですね。
うどんも、電子レンジだけで作ることができます。

野菜の下処理を済ませて、冷凍しておきましょう。
すると料理をする時に、下処理の時間を短縮できます。
野菜の皮剥きなどは以外に面倒ですし、時間が掛かります。
急いでいる時のために、下処理を済ませておきましょう。
冷凍することで、野菜の鮮度を維持したまま長時間保存できるようになります。
スーパーで野菜が安売りされている時があるでしょう。
その時にまとめて購入してください。
使い切れなくても、冷凍すれば大丈夫です。