根菜は火が通りにくい野菜

炒める時間が短くなる

根菜を料理に使う際は、下処理が済んだら電子レンジで1分から2分ほど加熱してください。
するとある程度火が通っている状態になるので、炒める時間が長くなります。
長時間炒めていると、ガス代が高額になってしまいます。
先に電子レンジを使うことが、ガス代の節約にもなると覚えておきましょう。

イモ類やニンジン、ブロッコリーも根菜になります。
電子レンジで野菜を加熱して、蒸し野菜を作ることもできます。
一緒に肉も加熱すると、メイン料理も完成するので便利です。
火を使わなくても、料理を作れます。
忙しくて時間がない時は、電子レンジを使うと良いですね。
フライパンや鍋などの調理器具を使わないので、洗い物を減らすことにも繋がります。

冷凍のうどんを使おう

うどんを耐熱容器に入れて、麺つゆと一に電子レンジで加熱してください。
すると、おいしいうどんのできあがりになります。
お好みでネギ、ショウガなどの薬味を入れて食べてください。
味付けを変えるだけで、新鮮な気分で味わえるので飽きません。
最近は、パスタを電子レンジで茹でられる容器が販売されています。

水とパスタを容器に入れて、パスタを茹でる時間を設定して電子レンジのスイッチを入れてください。
きちんと柔らかくなるので、あとはソースを絡めてできあがりです。
急いでいる時は、インスタントのソースを使っても良いですね。
仕事で遅くなって疲れている時は、そのように楽をしてください。
鍋でパスタを茹でる際は沸騰するのを待つので、時間が掛かります。