野菜の下処理を行おう

すぐ料理に使えるように

下処理を済ませて冷凍しておくと、使いたい分だけ出せば良いので料理がはかどります。
そのままフライパンや鍋に入れて、調理してください。
野菜の下処理だけでも、かなりの時間が経過してしまう人が多いでしょう。
野菜を買い込んだ時に、すでに皮を剥いて食べやすい大きさにカットしておくのが良い方法です。
カットした野菜は、袋に入れると良いですね。

すると冷凍庫で、縦にして保存できます。
横に置いていると、スペースを取るのでたくさん保存できなくなってしまいます。
縦において、たくさんの野菜があってもスペースが空くように工夫してください。
冷凍すると、野菜の賞味期限が伸びます。
安く売られている時に、必要な野菜を全て購入してください。

栄養もアップするメリット

キノコも、下の部分を切って冷凍しておきましょう。
すると賞味期限が長くなるだけでなく、栄養もアップします。
食物繊維やミネラルなど、たくさんの栄養がキノコに含まれています。
より効率よく栄養を吸収できるうえに、料理の際も簡単に使うことが出来るので、冷凍しておきましょう。
野菜と同じように、果物も冷凍保存できます。
小さく切って保存すると、スムージーを作る時に便利です。

朝に野菜と果物を混ぜて、スムージーを作っている人がいるでしょう。
冷凍された食材と水や牛乳を入れるだけで、簡単にできあがります。
全てカットされた食材を使うと、包丁やまな板を使わなくて良いので非常に手軽ですね。
朝は忙しい時間帯なので、すばやく食事を済ませる工夫を行ってください。